2018年 都立中高一貫校受検

2018年2月3日 息子が 都立中高一貫を受検予定。備忘録として、ブログをはじめました。

塾選び1

入試まで、あと41日


時間は待ってくれませんね。


先週から、ena日曜特訓前期テキストの2回目の解き直しをしています。enaの日曜特訓前期を受けていた頃は、もう遠い昔のように感じます。


息子にとって、enaの日曜特訓前期(3月から7月まで隔週の日曜日 計10回)が、初めての塾でした。


実を言うと、息子なら、enaの日曜特訓を受けたら、塾の授業って面白い!となり、そのまま平日のレギュラーコースや夏期講習も受講したい!と言ってくれるんじゃないかと密かに期待をしていました。しかし実際は、そうはなりませんでした。


enaの先生の名誉のために言いますが、授業は分かりやすかったそうです。でも、息子には合わなかったみたいで、とにかく時間が長くて疲れたと言っていました。enaの内部生の中にポツンと入っていたのも嫌だったのかなと思います。授業は、文系と理系と作文で先生が入れ替わったそうなのですが、そのたびに、後期の日曜特訓を早く申し込まないといっぱいになるから早く申し込むように、みたいな営業トークが入るところも嫌だったみたいです。


enaの先生に、日曜特訓の雰囲気とレギュラーレッスンの雰囲気は違うから、一度レギュラーレッスンも体験するように勧められ、enaの平日のレギュラーレッスンを受けてみましたが、結果は同じでした。授業は、分かりやすいけど、楽しくない。拘束時間が長すぎて疲れる、、、。


enaの週4回のレギュラーレッスンに息子を通わせたら、どうなるだろう???


どう考えても、悪い結果しか想像できませんでした。


私の中で息子をenaに通わせるという選択肢が消えると同時に、息子に合う塾を探し始めることになりました。


2017年6月のことです。


長くなりましたので、続きは次回書きますね。