早稲田進学会 そっくり模試 2017年9月受験

こんにちは とりぷるきょんです。


昨日、池袋で早稲田進学会のそっくり模試を受けてきました。 息子にとってはじめての外部模試です。


この模試は、試験後に解説授業があるのですが、保護者も一名までなら一緒に受けられます。どんなものか興味があり、私も解説授業を聞いてきました。


解説授業を担当してくださった先生は、朝日小学生新聞で週一回 公立中高一貫講座のページを担当しているベテランの先生でした。理系の先生も文系の先生もとても分かりやすい授業でした。


文系の授業を担当した塾長さんは、テストの解説だけでなく、都立受検に関する全体的なお話もたくさんしてくださいました。


以外 塾長さんのお話


・都立中高一貫の実質倍率は3倍くらいであること。だから、倍率が6倍から8倍に上がろうとも気にすることはない。


・合格したら両親も祖父母も先生も友達も喜んでくれるだろう。でも合格したときに一番うれしいのは自分自身であること。


・模試では合格圏内だった学生が落ちることもある。でもそういう学生は3年後の高校入試で必ずリベンジしている。だから、結果は気にせず、思い切って勉強をしよう。


・都立中高一貫の本番の試験は、基本的にはじめて見る問題だから、とにかくたくさんの問題にあたること。はじめて見る問題に対して、その場で考えて解答を導き出せる力が必要。ただし、単に食い散らかすような問題の解き方では駄目で、間違えた問題は間違いノートを作るなど工夫してやること。


・作文は、ただ自分の経験をつらつら述べているような作文が多く、内容が薄いものが多い。それでは合格できない。もっと踏み込んだより深い意見がほしい。「もっと脳に汗をかけ!」


・作文で確実に8、9割の点数を取ることができれば合格率は上がる。


とてもためになるお話でした。ありがとうございました。


模試の結果が来たら、またご報告いたします。